管理人のページトップへ戻る

昨シーズンは、建築の仕事のため、釣りを断っていたがやっと復活。
滋賀県内の河川へ大好きなウエット・フライを持って出かけた。太陽がやや傾きかけた頃、
リード・フライの「シルバー・サルタン」をひったくったニジマス。



次の日は、長野県内の渓へ。小ぶりのイワナがドロッパーの「ブラック・コーチマン」を捕らえた。

その日の夕刻、ダウンで流して探っていた淵から良いサイズのイワナ。
ドロッパーに「パーマシェン・ベル」、リード・フライに「グレート・セッジ」をセット。このイワナのお気に入りは「グレート・セッジ」であった。



2006年3月20日、九頭竜川でついに念願のサクラマスを釣り上げた。
30分近くのファイトを続けた主は、65cmの雌。

 

今年初めて使う、フライ、「アクアマリン・スクィッド」。雪代水での効果は立証された。
ボロボロになりながらもサクラマスの右の口元を捕らえ続けた。

初めて見る精悍な面構え。この日本でこんな釣りが出来ることに感謝。

                

                   使用フライ、「アクアマリン・スクィッド」                   サクラマスのファイトでボロボロにされた「アクアマリン・スクィッド」。                    


カラっと晴れ上がった9月、ドライ・フライが投げたくて、長良川の上流へ午前遅くに着いた。
渇水の渓であったが、綺麗なアマゴが相手をしてくれた・・・。リーダー5X9ft、フライは#14ブラック・コーチマン
写真のランディング・ネットは、12年ほど前に自分で作ってみた物だが、今でも十分使用に耐えている。


地元の渓が先日の雨で少し潤ったらしい・・・。
今月は遠征費が やや苦しいので久しぶりに近場へ行ってみた。
約30年ぶりにその小さな川で竿を振って見るも、芳しくなかったが、
夕方、日が落ちてから宝石のようなアマゴがブラックコーチマンを捕らえた。
 


ここのところの雨で渓流も生き返っていると思い、長良川の上流へ。
無邪気なイワナがドロッパーに使った、ロイヤルコーチマンに出た。


虹鱒-幻影


#

滋賀の渓へドライフライを投げに行ってきた。幼い顔立ちの小ぶりのアマゴは大きなスペントバジャー#12を飲み込んだ。
ファインダーを覗くと周りの石と同化した色合いに保護色という言葉を思い出す。



新しい釣り方での始めての一匹は小さくとも美しい。逆転するリールの音は最高だ。



北陸の豊饒な河川ではサケが上る。精根込めたフライに襲いかかったのは70センチをやや切る雌の個体。
遡上を阻むものに徹底的に抵抗する引きに感服する。

ロッド/KS・SS1511D  リール/SU SALMON I  ライン/DST-11-F Greased Line Floating 11m。



地元にある川では、多くはないが良い鱒が釣れることがある。 大増水のあと、水が完全に落ち着く直前にとあるポイントでアタリがあった。
有志が育んだ貴重な鱒だ。 身近で釣れることに感謝して丁寧にリリースした。



もはや生産終了となってしまったKS SS 9108F。しかし自分にとってはこのロッドでの初物となった。
#6のウエットフライをひったくった虹鱒は水面を元気にジャンプし肝を冷やしてくれた。
クチに針傷を残したこの魚が、以前にもリリースされた証だと教えてくれる。




本流で釣れる魚は、全体に頭が小さく、体高がある。
それにもましてここの水系の鱒は銀化しているのか、まるで光るナイフのようだ。
願いがかなうのなら、このまま大きくなった個体も釣ってみたい。



久しぶりの川で、久しぶりの魚に出会う。春の渓流はお天気が良く、風がなければそこかしこでライズがある。
小さなウエットフライをアップクロスでドライフライのようにキャストして釣り上げるのはスピーディーで面白い。



長良川水系に通うようになったのはもう20年以上も前の話。ドライフライ一辺倒だった頃によく通った渓へ再び行ってみた。
        数十年の隙間は無かったが如く、綺麗な郡上アマゴが姿を見せてくれた。使用フライは当時のように「ライトケイヒル」のパラシュートで。
  渓の隙間に座り込み、やや白髪の混じった髭をいじりながらニヤニヤしてファインダーを覗く姿は知人には見せられない・・・。 


  

管理人のページトップへ戻る